スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローズ・アブソリュートとローズ・オットーの違い 

こんにちは〜。
健康フェチコのRiricaです。

女性としては
何とも手に入れたい!
ローズのアロマオイル!

優雅な香りは
女性ホルモンを活性化するなど
女性にウレシイ効果がいっぱいです。

でも、ローズのアロマオイル=高い!

でもでも、やっぱり欲しい!ということで
ローズのアロマオイルを調べてみました。

知らなかったんですが
ローズのエッセンシャルオイルって
抽出法の違いで、2種類あるんですね。

●ローズ・アブソリュート
(溶剤抽出法)
ダマスクローズから低温水蒸気蒸留法で抽出 (無色透明)
熱を加えないので、本来のバラの香り。
ローズ・アブソリュートよりも多くの花弁を必要とする最高級クラス。
スキンケアには、こちらを薦めることが多いようです。


●ローズ・オットー
(水蒸気抽出法)
キャベッジローズから溶剤抽出法で抽出 (透き通るような赤い色)
有機溶剤が精油に残留している可能性あり。


以前の溶剤抽出法ベンゾインを避けの同様
溶剤抽出法って、なんだかビミョウなんですよね。

安全性は高いんでしょうけど
なんとなく溶剤と聞くと避けてしまいます。

金額的に見ると
ローズ・アブソリュート 10ml
6,980 円

ローズ・オットー 10ml
16,800 円


ローズオットーの方が、
3倍ぐらい高いです。
やはり、バラの花弁の数と手間の違いでしょうか。

ちなみに、比較しやすいように
量が同じ10mlだったので載せてますが
こんな大容量で販売されることは、少ないみたいです。

だいたい、1~5mlぐらいで販売されてます。
ローズは、香りが強いので
1~5mlぐらいで、充分使えるそうです。

でも、やっぱり高いな~と思ったら
ローズ・オットーやローズ・アブソリュートを
ホホバオイルなどで
薄めたものがありました。

ホホバオイルに3~5%希釈。

私は、ローズオットー
(ホホバオイルに3%で希釈してあるオイル)
を買いました。



原産地:ブルガリア
抽出部:花
抽出方法:水蒸気蒸留法

価格:1,000円
取扱店:ease-aroma-shop

冷静に考えると
ローズオットーを3%に薄めると、薄い感じもしますが
想像よりも、香ります。
強烈じゃなくやさしい香りでした。
これは、かなりイイかも。

【関連記事】

●少しでも安くローズのアロマを手に入れたい! [2012/06/17]


人気ブログランキング!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wa064.blog13.fc2.com/tb.php/23-0d264656

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。